ここから本文です

巨人、5回に集中打で逆転に成功 黒田をKO

Full-Count 8月6日(土)19時52分配信

5回に4安打で2得点

 巨人が6日の広島戦(マツダスタジアム)で黒田博樹投手をKOする集中打を見せた。

 1点を追う5回。先頭・長野の左中間二塁打、橋本到の犠打で1死三塁。坂本が黒田のスライダーを捉え、同点の左前適時打を放った。

 勢いは止まらず、続く阿部の右前安打で1死一、二塁とすると、村田が中越えの大飛球を放った。打球はフェンス沿いでジャンピングキャッチを試みた中堅・丸のグラブに収まりかけたが、ポロリと落ちた。二塁走者・坂本が生還。記録は中越え適時二塁打となり、一気に勝ち越した。

 続く1死二、三塁のチャンスは生かせなかったものの、黒田に4安打を浴びせて2得点。黒田は5回先頭で代打・岩本を送られ、5回11安打3失点で降板となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月6日(土)19時56分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報