ここから本文です

巨人7連勝、ハム大谷2発4打点、楽天・則本4年連続2桁勝利…6日プロ野球

Full-Count 8/6(土) 23:00配信

広島ワースト4連敗、DeNA逆転勝利、ホークス千賀今季初黒星

 プロ野球は6日、各地で6試合が行われた。

 セ・リーグでは2位・巨人が広島に3-2で逆転勝ち。今季初の7連勝で、最大11あった首位・広島とのゲーム差は4.5となった。1点を追う5回、1死三塁から坂本の左前適時打で同点。続く阿部がプロ入り最長となる20試合連続安打となる右前安打で1死一、二塁とすると、村田の中越え適時打で一気に勝ち越し。投げては大竹が6回途中2失点。自身4連勝となる4勝目を挙げた。広島は今季ワースト4連敗。先発の黒田が5回で今季ワースト11安打を浴びて3失点。自身2連敗で7敗目を喫した。打線も初回に2点先制したが、3回無死満塁、6回1死満塁で無得点に終わったのが痛かった。

巨人は首位・広島まで4.5ゲーム差に…2016年セ・リーグ&パ・リーグ順位表

 DeNAは中日に6-4で逆転勝ち。連敗を2でストップした。1点を追う8回、岩瀬を攻略した。無死満塁から高城が同点打を放つと、続く桑原は勝ち越し2点打を放った。2点リードの9回は守護神・山崎康ではなく、田中、三上が救援。2人で3者凡退に抑えて逃げ切った。中日は2回までに4点リードを奪ったが、ジョーダンが6回途中3失点。8回から登板した岩瀬は1アウトも取れずに4安打3失点。2敗目を喫した。

 最下位・ヤクルトは阪神に6-1で快勝した。先発の山中が9回6安打1失点。今季2度目の完投で4勝目。バットでも3回に自らタイムリーを放つなど投打で躍動した。阪神は先発のメッセンジャーが2回2/3で7安打5失点で今季最短KO。打線も福留の7号ソロの1点止まりだった。

 パ・リーグでは2位・日本ハムが首位・ソフトバンクに8-1で大勝した。連敗を2でストップ。ソフトバンクの優勝マジック点灯を阻止し、再び5ゲーム差に縮めた。大谷が3回に15号2ランを放つと、7回にダメ押し16号2ラン。14年7月5日のロッテ戦以来2年ぶり自身2度目の1試合2本塁打と打線を引っ張った。先発の高梨は5回1失点で自身5連勝で6勝目。ソフトバンクは打線が4安打1得点で、連勝が4で止まった。千賀がプロ入り最多タイ13奪三振も6回5失点。開幕からの連勝は8でストップした。

 3位・ロッテはオリックスに2-0で今季5度目の完封勝ち。3連勝で2カード連続のカード勝ち越しを決めた。先発の関谷は自身最長タイ7回を投げ6安打無失点。6月15日の中日戦(ナゴヤドーム)以来の4勝目(1敗)を挙げた。9回の益田は5年連続50試合登板で8セーブ目。オリックスは今季14度目の完封負けで、今季ワーストタイの借金21。ディクソンは8回途中2失点で8敗目。京セラドーム大阪5連敗となった。

 楽天は西武に7-5で逃げ切り勝ち。連敗を2で止めた。同点の4回1死満塁で島内のプロ初となる3号満塁弾で勝ち越し。先発の則本は初回2失点したものの、12奪三振の力投で7回5安打3失点。プロ入りから4年連続の2桁10勝目を挙げた。西武は2回以降、打線のつながりが欠いた。7、8、9回と1点ずつ返したが、届かなかった。

【セ・リーグ】
◇広島 2-3 巨人(マツダスタジアム)
勝 大竹 4勝1敗
敗 黒田 7勝7敗
S 澤村 3勝1敗27セーブ

◇DeNA 6-4 中日(横浜)
勝 須田 3勝3敗
敗 岩瀬 0勝2敗
S 三上 2勝3敗1セーブ

◇ヤクルト 6-1 阪神(神宮)
勝 山中 4勝8敗
敗 メッセンジャー 9勝7敗
HR【阪】福留7号

【パ・リーグ】
◇ソフトバンク 1-8 日本ハム(ヤフオクドーム)
勝 高梨 6勝2敗
敗 千賀 8勝1敗
HR【日】大谷15、16号、レアード28号

◇オリックス 0-2 ロッテ(京セラドーム大阪)
勝 関谷 4勝1敗
敗 ディクソン 7勝8敗
S 益田 3勝1敗8セーブ

◇楽天 7-5 西武(コボスタ宮城)
勝 則本 10勝6敗
敗 十亀 3勝4敗
S 松井裕 1勝3敗20セーブ
HR【楽】島内3号、【西】浅村15号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/6(土) 23:00

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革