ここから本文です

「全員野球」で全国優勝誓う 川崎の富士見台ウルフ

カナロコ by 神奈川新聞 8月6日(土)8時30分配信

 少年野球の全国大会に県代表として出場する「富士見台ウルフ少年野球クラブ」(川崎市宮前区)の選手ら約20人が5日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長に優勝を誓った。

 県大会では小笠原春夫監督(67)が「特別な選手はいないが、全員野球で底力を発揮できるチーム」と評する持ち味を存分に生かし、チーム創立36年目にして初めての全国大会の切符を得た。福田市長から激励を受けた主将の小笠原大燿さん(12)は「市に優勝旗を持って帰れるよう頑張ります」と元気よく宣言した。

 大会は8月7~13日に東京・神宮球場などで行われる「高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」。

最終更新:8月6日(土)8時30分

カナロコ by 神奈川新聞