ここから本文です

岡田将生「フニャフニャしていない役です」

Lmaga.jp 8/6(土) 22:18配信

清水玲子の大人気コミックを実写化した『秘密 THE TOP SECRET』。「大阪の人に挨拶したい」と岡田将生本人が発起人となり、「大阪ステーションシティシネマ」(大阪市北区)での舞台挨拶が、公開初日8月6日に実現した。

真面目に一つずつ質問に答える、岡田将生

1人での舞台挨拶は初めてという岡田。ちょっと緊張した表情を見せながらも「大阪は主張がすごいですよね。お店でビールかハイボール、どちらを頼むか悩んでいたら勝手にビールが出てきた」と、大阪のノリに圧倒されたエピソードで会場を早速沸かせてから、映画や役柄について語った。

映画の舞台は、死んだ人間の脳をスキャンして事件を解決する、警視庁科学警察研究所第九研究室。岡田将生が演じる捜査官・青木一行は「ふにゃふにゃしていない役です。今までになくマジメで愚直、ストレートな役。こんな男らしいのって今までなかったんですよね。アグレッシブに興奮して演じたのが、すごく新鮮でした」と、新たな一面を見られるのもうれしいポイントに。

作品のキーなる脳内の記憶を表現するシーンでは、人の視線に近づけるためカメラを頭に装着して、生々しい映像を撮影したそう。「頭が重たかった! でも、上手く撮影できていたらカメラマンにほめられるんですよ。それがうれしくて、がんばろうって思いました」という撮影秘話も。エンドロールには役者としてだけでなく、スタッフ・岡田将生としての名前が載っているそうなので、最後まで注目を。

取材・文/西村円香

最終更新:8/6(土) 22:18

Lmaga.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革