ここから本文です

バトンは原点に回帰する? ウイリアムズ関係者は「サラリーが問題」と指摘

オートスポーツweb 8月6日(土)12時35分配信

 ウイリアムズF1チームの副代表を務めるクレア・ウイリアムズは、マクラーレンのジェンソン・バトンが、来季のドライバーラインアップの有力候補だと認めた。

バトンの目に、いつ、どのように異物が入った?

 今シーズン末でチームとの契約が切れるバトンだが、マクラーレンは9月まではドライバーラインアップに関して決断を下すことはないとしている。

 ウイリアムズは、現在レギュラードライバーを務めるバルテリ・ボッタスとフェリペ・マッサとの契約を今季末までとしているが、ボッタスにはついては、オプション契約を行使すると言われている。

 バトンにとっては、ウイリアムズは2000年にF1デビューを果たした思い入れのあるチームだが、古巣への復帰は果たされるのだろうか。

「もしバトンが加入すれば、それは素晴らしいストーリーとなるでしょう」と、クレアは語っている。

「たぐいまれなる才能の持ち主で、チームにとっては商業面でも助けになる。インテリジェンスのあるドライバーです。当然、彼は来季の有力な候補です」

「イギリスGPで開催されたイベントで、司会がファンに向けて『クレアにどれだけ、みんながジェンソンの(ウイリアムズ)復帰を待ち望んでいるか伝えてほしい』と投げかけたところ、ものすごい盛り上がりを見せていたのも印象的でした」

「とはいえ私たちは現在、ドライバー選択に対して様々な方面から検討を行っています。レースパフォーマンスだけではなく、チームに何をもたらすことができるのか、総合的に判断するつもりです」

 一方、ウイリアムズでテクニカル・ディレクターを務めるパット・シモンズは、「ジェンソンはチームにフィットするよ」と賛成の意向を示す一方で「彼にどれだけのサラリーが必要なのかも重要な部分だろうね」とも話している。

 前述のとおり、ウイリアムズはボッタスとのオプション契約行使を視野に入れており、この先数カ月で、ふたりのドライバーを決める方向で動いている。また、バトン以外にも、フォース・インディアのセルジオ・ペレスや、以前ウイリアムズでテストドライバー経験のあるザウバーのフェリペ・ナッセも候補に挙がっている。

「だいぶ候補は絞られています。交渉を長引かせるつもりはありません」とクレア。

「トップチームが来季のラインアップを決めるなか、我々は来季契約が決まっていないドライバーから注目されている存在です。様々なオプションがあるのは良いことですが、正しい判断が求められるでしょう」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月6日(土)12時42分

オートスポーツweb