ここから本文です

スーパーGT:GT300ポールの小林崇志「富士で勝たないでどこで勝つんだ? という気持ちで来た」

オートスポーツweb 8月6日(土)19時15分配信

 スーパーGT第5戦富士の公式予選でGT300クラスのポールポジションを獲得したARTA BMW M6 GT3の高木真一と小林崇志が、予選の戦いを振り返るとともに、決勝レースへの展望を語った。

●ARTA BMW M6 GT3:GT300ポールポジション
高木真一
「第2戦(富士)でポールポジションを獲得したときから、このクルマはすごく富士に合っているなと思っていたのですが、前回の500キロレースでは意外に燃費が悪く、ピット作業で抜かれてしまいまいました」

「ただ、今回は(レース距離が第2戦より短く)1回しかピットに入らないので、前回のようなピットでのロスタイムは少ないだろうと考えています」

「あとはポールポジションから先行逃げ切りを決めて、15秒ぐらいのリードを確保しておけば、ピットで抜かれることはないんじゃないかなと思います。SUGOでもそれほど遅かったという訳ではないので、これからのレースでもしっかりポイントを積み重ねていきたいですね」

小林崇志
「前回のSUGOは忘れてしまいたいレースとなり、第2戦富士も途中までレースをリードしながら、結果的に2位と非常に悔しいレースになってしまいました」

「ただ、そのなかでも得るものがあって、ブリヂストンさんとも話し合いを重ね、(ブリヂストンが)すごく良いタイヤを用意してくれたことも今回のポールポジションにつながったと思います」

「朝の練習走行から速かったですし、ここ(富士)で勝たないと、他のサーキットどこで勝つんだ? というくらいの気持ちで来ているので、ポールを獲得できて嬉しいですし、明日も頑張りたいと思います」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月6日(土)19時25分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]