ここから本文です

“石垣島の星”金色に輝け リオ五輪 新城幸也選手きょう登場

沖縄タイムス 8/6(土) 13:00配信

 リオデジャネイロ五輪の自転車競技で、6日午後9時半(日本時間)開始の男子ロードレースに出場する沖縄県石垣市出身の新城幸也選手(31)の父貞美さん(62)が4日、八重山後援会長の平田勝男さん(60)とともに市役所を訪れ、中山義隆市長に「市民挙げて応援していただくためにも、ぜひ先頭に立っていただきたい」などと呼び掛けた。中山市長は「今回はぜひメダルを、と期待している」とエールを送った。

この記事の他の写真・図を見る

 新城選手はロンドン五輪に続き、2大会連続での出場。平田さんは「2月にカタールで大腿骨を骨折したが、驚異的な回復をしてくれた。オリンピックが目標だと前向きな姿勢だった。前回は48位だったので、それ以上の成績を取ってもらいたい」と期待した。

 貞美さんは「いつも一緒に練習している(内間康平選手と)2人なら、良いレースになるはず。ネットなどで応援していただければうれしい」。中山市長は「みんなで応援して、良い結果を待ちましょう」と楽しみにした。

 貞美さんは市長表敬後、「骨折で非常に心配したが、オリンピック出場選手に選ばれ復活してくれた。次は五輪の舞台で頑張って、応援してくれている皆さんを喜ばせてくれると思う」と息子の活躍に期待を込めた。

 2人は中山市長に、新城選手のポストカードと後援会のポロシャツを贈呈した。

最終更新:8/6(土) 13:00

沖縄タイムス

なぜ今? 首相主導の働き方改革