ここから本文です

【高校野球】“五輪イヤー”の全国制覇が多い都道府県とは? ~夏の甲子園・記録あれこれ~

ベースボールキング 8月6日(土)8時0分配信

甲子園の記録あれこれ~五輪 編~

 開幕まであと1日に迫った『第98回 全国高校野球選手権大会』。

 49地区の代表校が全国制覇を目指し、熱い戦いを繰り広げる2週間――。今回は、現地時間5日(日本時間6日)にリオデジャネイロ五輪が開幕したということで、夏季五輪が開催された年に、全国制覇を達成した都道府県が多いのはどこなのか見ていきたい。

1位は強豪校がひしめくあの都道府県

 第1位は大阪府の3回だ。メキシコ大会が行われた1968年に興国、2008年と2012年に大阪桐蔭が全国制覇を成し遂げている。08年はトップバッターとして、29打数16安打、2本塁打の活躍を見せた浅村栄斗(現西武)、12年は藤浪晋太郎(現阪神)、森友哉(現西武)がバッテリーを組み、春夏連覇を達成した。

 第2位は、神奈川県、兵庫県、広島県、福岡県の2回。広島県の広島商は、戦前の1924年と1988年に2度全国制覇。夏季五輪が開催された年の優勝回数2回は、広島商は大阪桐蔭と並び最多だ。

 ここの2回連続で、夏季五輪が開催された年に大阪府が優勝している。今大会も大阪府代表の履正社が、優勝するのか…。それとも、他の都道府県が優勝するのか…。リオ五輪とともに、甲子園も注目だ。

【夏季五輪が開催された年に夏の甲子園制覇が多い都道府県トップ3】
1位 大阪府[3回]
<全国制覇校>
興国(1968年)
大阪桐蔭(2008年、2012年)

2位 神奈川県[2回]
<全国制覇校>
法政二(1960年)
横浜(1980年)

2位 兵庫県[2回]
<全国制覇校>
関西学院中(1920年)
芦屋(1952年)

2位 広島県[2回]
<全国制覇校>
広島商(1924年、1988年)

2位 福岡県[2回]
<全国制覇校>
小倉(1948年)
西日本短大付(1992年)

※五輪が中止となった1916年、1940年、1944年は含まない。

BASEBALL KING

最終更新:8月6日(土)8時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。