ここから本文です

展示で平和と人権考える

紀伊民報 8月6日(土)16時35分配信

 「広島原爆の日」の6日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で、平和や人権などの国際問題をテーマにした催し「紀南ピースフェスタ」(実行委員会主催)が始まった。1階展示ホールには約20の展示コーナーが並び、参加者は足を止めて内容に見入っていた。7日まで。

 田辺市とその周辺町の戦跡を書いた地図を展示したコーナーでは、海軍が太平洋戦争末期に設立した田辺海兵団の説明や特攻基地の跡地を写した写真などがあった。

 広島原爆の展示コーナーでは、爆弾投下後に現地で生きる家族の写真を紹介。このほか難民の写真パネル展などもあった。

 7日の開催時間は午前10時~午後4時。

最終更新:8月6日(土)16時35分

紀伊民報