ここから本文です

長友、リオ五輪初戦で黒星の日本代表にエール「自信を失わないで」

SOCCER KING 8月6日(土)11時6分配信

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節でナイジェリア代表に4-5で敗れた日本代表にエールを送った。

 日本代表は4日、大会初戦でナイジェリアと対戦。13分までに互いが2得点ずつを奪う慌ただしい試合展開となると、日本はその後3失点を喫し、2-5と大きくリードを許してしまう。途中出場の浅野拓磨と鈴木武蔵がゴールを挙げて最後は1点差まで詰め寄ったが及ばず、大事な初戦を落とすこととなった。

 試合前にも自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で「リオの地で暴れてほしい」とメッセージをつづっていた長友は試合後、「守備の修正は急務。5失点はディフェンスだけの責任ではない」と、大量失点を招いた守備面の修正が必要であるとコメント。そのうえで「ただ五輪の舞台でナイジェリア相手に4得点は凄いこと。自信を失わないでほしい」と攻撃面に関しては称賛の言葉を述べた。

 これに対し、「でも負けたら何点取ろうが意味が無い。勝ち点3を取れなくては意味が無い」との意見が寄せられると、「そんなことは重々承知。僕は選手の気持ちが分かるから、自信を失わないでほしいと伝えたかっただけ。北京五輪、ワールドカップと初戦負けて、チームが自信を失った経験があるから、選手たちにはそうなってほしくない」と返答。自身の経験をもとに、改めて選手たちにエールを送った。

 長友は2008年の北京五輪に、本田圭佑(ミラン)や岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)ら現日本代表の主力メンバーとともに出場。しかし、チームはグループステージ3戦全敗で失意のまま大会を終えていた。

 黒星スタートとなったリオ五輪日本代表は7日にコロンビア代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月6日(土)11時8分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。