ここから本文です

4戦4発の浦和MF武藤がゴール量産宣言「迷惑かけた分、たくさんのゴールを決める」

SOCCER KING 8月6日(土)21時13分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節が6日に行われ、浦和レッズは湘南ベルマーレと対戦し、4-1で勝利を収めた。

 2得点を挙げてMOMに選ばれたMF武藤雄樹は「500試合という節目の試合を勝利で飾れて嬉しいですし、ゴールで貢献できたことが嬉しい」と、ホーム通算500試合という記念すべき試合で勝利に貢献したことを喜んだ。

 これで今季8点目となったが、ゴールについては「おいしいゴールを決めているので、チームメイトに感謝したいです」とアシストをくれる味方への感謝を語った。

 武藤はファーストステージ第9節の名古屋グランパス戦からセカンドステージ第4節の大宮アルディージャ戦まで11試合ゴールから遠ざかっていた。しかし、直近の4試合で4発と調子を取り戻しつつある。「なかなか点を取れない試合が続いたので、迷惑かけた分ここからたくさんのゴールを決めて浦和レッズの勝利に貢献していきたい」と後半戦に向けてゴール量産を誓った。

 また、サポーターに向けては「僕のチャントを歌ってくれることですごく力になりますし、後押ししてくれるおかげで、暑い中でも走りきれる」と声援が自身の力になっていることを伝えた。

SOCCER KING

最終更新:8月6日(土)21時53分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。