ここから本文です

浦和4発快勝3連勝!ホーム500試合の節目を飾る 湘南は泥沼5連敗

ゲキサカ 8月6日(土)20時41分配信

[8.6 J1第2ステージ第7節 浦和4-1湘南 埼玉]

 浦和レッズがホームで湘南ベルマーレを4-1で下した。浦和は3連勝。第2ステージの勝ち点を19に伸ばすと、年鑑勝ち点でも52とし、首位川崎Fをしっかりと追走している。湘南は5連敗となった。

 浦和が快勝した。先制点は前半8分、GK西川周作からのロングボールで裏を取ったMF関根貴大が前に出たGKに競り勝ってヘディングで流し込み、試合を動かす。同42分にはゴール前の混戦でシュートコースを作ったFW武藤雄樹が右足で蹴り込み、リードを2点に広げた。

 湘南も前半44分、DF三竿雄斗が出した浮き球パスでMF菊池大介が粘ってクロスを入れると、FW大槻周平がこれまた粘りながら押し込み、前半のうちに1点を返した。

 しかし浦和の勢いは弱まらない。後半18分にCKがファーサイドに抜けると、待ち受けたDF槙野智章がワントラップからボレーで蹴り込み、リードを再び2点とする。同36分に裏を取ったDF宇賀神友弥のシュートはポストに嫌われたが、同アディショナルタイムに武藤がこの日2点目を決めて、大勝劇を締めくくった。

 浦和にとってこの試合は、ホームでの公式戦通算500試合目の節目のゲームだった。2発の武藤は「節目のゲームを勝利で飾ることができてうれしい」と喜ぶと、「おいしいゴールを決めさせてくれるチームメイトに感謝したい」と笑顔で話した。

最終更新:8月6日(土)20時41分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]