ここから本文です

ロードスターベースの「アバルト124スパイダー」日本仕様がついに初披露!10月8日発売、価格は「388万円」~

オートックワン 8月6日(土)8時54分配信

FCAジャパンは、マツダ ロードスターベースの2シーターオープンカー「アバルト 124スパイダー」を10月8日(土)より全国のアバルト正規ディーラーで販売開始すると発表した。

このニュースのフォトギャラリー

また、同時に千葉・幕張メッセで開催されているヘリテージカーイベント「オートモビルカウンシル」において、アバルト124スパイダーの実車が日本初披露された。

モデルラインナップは388万8千円の「6速マニュアル」と399万6千円の「6速オートマチック」の2グレード。ハンドル位置は2グレードとも右ハンのみ。

エンジンは、ロードスターは1.5リッターのSKYACTIV-Gを搭載しているがアバルト124スパイダーは1.4リッターのマルチエア4気筒ターボエンジンを搭載する。最高出力・最大トルクは125kW(170PS)・250Nm(25.5kgm)と、ロードスターの96kW(131PS)・150Nm(15.3kgm)と比較すると出力・トルクともに高い数値となっている。

燃費は、6速MTが13.8km/L、6速ATが12.0km/L。(参考:ロードスターは6速MTが17.2km/L、6速MT[i-ELOOP+i-stop装着車]が18.8km/L、6速AT[i-ELOOP+i-stop装着車]は18.6km/L)

ロードスターに無い装備としては、ショックアブソーバーがビルシュタイン製であることと、フロントにブレンボの4ピストン対向キャリパーが搭載されていることが特徴的だ。

エクステリアは、1960年代にデビューした「124スパイダー」をオマージュしており、その外観はロードスターとは全く異なる。

イタリアンデザインを纏った注目の2シーターオープンは、8月5日(土)~7日(日)に幕張メッセで開催のオートモビルカウンシルで一般公開されているので、いち早く実車を見たいという方はぜひ。

アバルト 124スパイダー 主要諸元

全長×全幅×全高:4060×1740×1240mm/ホイールベース:2310mm/ハンドル位置:右/トランスミッション:6速マニュアル・6速オートマチック/車重:(6速MT)1130kg・(6速AT)1150kg/乗車定員:2名/エンジン種類:直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボエンジン/総排気量:1368cc/最高出力:125kW(170PS)/5500rpm/最大トルク:250Nm(25.5kgm)/2500rpm/使用燃料:無鉛プレミアムガソリン/燃料タンク容量:45L/トランクルーム容量:140L/燃費:(6速MT)13.8km/L・(6速AT)12.0km/L/価格:(6速MT)3888000円・(6速AT)3996000円

最終更新:8月15日(月)11時54分

オートックワン