ここから本文です

米国債(5日):下落、エラリアン氏は9月利上げも視野に

Bloomberg 8月5日(金)22時17分配信

5日の米国債は下落。独アリアンツの主任経済アドバイザー、モハメド・エラリアン氏は米金融政策当局が来月利上げする可能性をトレーダーは過小評価するべきではないと述べた。朝方発表された米雇用統計で市場予想を上回る雇用者の増加が示され、金融政策引き締めの観測が強まった。

トレーダーが織り込む9月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ決定の確率は約26%。エラリアン氏は「確率は低過ぎるとみている。40-45%はあるだろう」と述べ、「償還期限が短めの国債はFOMC動向に左右される。この日のデータからは年内利上げの可能性が高まったことを示唆している」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間午後2時31分現在、2年債利回りは前日比8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して0.72%。10年債利回りは8bp上げて1.58%。

原題:El-Erian Warns Bond Traders Not to Count Out September Fed Hike(抜粋)

Susanne Barton, Andrea Wong

最終更新:8月6日(土)5時16分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]