ここから本文です

米国株(5日):ナスダック総合指数が最高値、雇用統計や決算を好感

Bloomberg 8月5日(金)22時48分配信

5日の米株式相場は上昇。ナスダック総合指数はS&P500種株価指数に続いて1年ぶりに最高値を更新した。米雇用者数が引き続き強い伸びを示したことに加え、ハイテク企業の好決算が背景にある。

ナスダック指数は過去9営業日で8度目の上昇。週間では6週連続高と、昨年11月以降で最長の上昇局面にある。1カ月前に決算発表が始まって以来、eベイやシーゲート・テクノロジー、バイオジェンなどの株価の上げは20%を超えている。

ナスダックは昨年の夏に始まった世界的な株安から回復して最高値を更新した最後の主要米国株指数となった。2015年7月20日に付けた最高値からは最大で18%下げ、弱気相場入りが目前に迫る局面もあった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、ナスダック総合指数は前日比1.1%上昇の5221.12。S&P500種株価指数は3日続伸し、0.9%上昇の2182.86で終了。ダウ工業株30種平均は191.48ドル高の18543.53ドルで終えた。

ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティチュートのダレル・クロンク社長は「雇用統計は押し並べて良い数字だった。これで9月の利上げ観測が再び強まるとは思わないが、労働参加率が上がっているのは健全なことだ。これらの数字を受けて株高、利回り上昇、ドル高になっている」と述べた。

原題:Nasdaq Composite Rallies to Top Record on Jobs Data, Earnings(抜粋)

Oliver Renick, Joseph Ciolli

最終更新:8月6日(土)5時34分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]