ここから本文です

【レベルス】健太、鈴木博昭が前日計量でもポージング対決

イーファイト 8月7日(日)10時12分配信

 8月7日(日)東京・大田区総合体育館で開催される格闘技イベント『KUNLUN FIGHT 49×REBELS.45』の前日計量・会見が、6日(土)同所にて開催された。

【フォト】計量をクリアーした健太と鈴木

 REBELSの部、第6試合(66.0kg契約)に出場するSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムAres)は65.9kgで計量をクリアーしたのに対し、WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G.)は66.05kgの0.05kgオーバー。計量時に履いていた金色のビキニパンツを脱ぐものの体重は変わらなかったために再計量となってしまった(2度目の計量では66.0kgでパス)。

 落ち込んだ表情の健太だったが、計量後のフォトセッションでは鈴木とポージング対決へ。筋骨隆々の肉体美を披露した健太は「世界ではリオ五輪が始まる時ですが、それにあやかって金のビキニを履いてきました。自分なりのゴールドメダリストを目指して明日は頑張ります」と意気込みを語る。
 
 一方、鈴木は「過去最高に日サロに通いました。明日はシュートボクサーとしての実力を爆発させます」とコメントした。

最終更新:8月7日(日)10時12分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。