ここから本文です

ATMの銀行封筒、郵送に使うのはあり? 「教養大丈夫?」「再利用はエコじゃん」 そもそも問題ないの?

withnews 8月8日(月)7時0分配信

 銀行ATMの横に備え付けてある封筒。本来は引き出した現金を入れるためのものですが、それを使って郵便物を送ることについて、ネット上で議論になっています。「ルールに反していなくてもマナー違反」といった意見もあれば、「再利用ならエコでいいじゃないか」といった声も。そもそも郵便に使って問題ないのか? 銀行側はこうした使われ方をどう捉えているのか? 話を聞きました。

【画像】けっこう便利!6回分の現金出し入れを書き留めておける出納メモ欄。「ATM用現金封筒」の文字も

ツイッターで話題に

 先月末、ツイッターにアップされた銀行封筒の画像。ネットを通じ、郵便で物品をやりとりする際、相手方がこれに切手を貼って送ってきたそうです。

 この投稿に対して、「自分も同じ経験をした」という人や、「教養大丈夫かと疑う」「封筒ぐらい買えばいいのに」「それのために貰ってきてるとしたら盗難じゃないの?」「配達の局員さんに『現金と思われても仕方ないですよ』って注意された」といった声が上がっています。

 一方で、「別に問題ないでしょ」「中身が無事なら銀行の封筒でも何でも良い」「現金を入れて持ち帰った後の二次使用なら良いのでは」「もったいない精神の再利用と考えれば生活の知恵」といった意見も出ています。

郵便に使って問題ない?

 そもそも、銀行封筒を郵便に使うことに問題はないのか? 日本郵便の「内国郵便約款」の9条には以下のように書かれています

 「郵便物は、その内容品の性質、形状、重量、送達距離等に応じ、送達中にき損せず、かつ、他の郵便物に損傷を与えないようこれを丈夫な紙(帯紙は、幅8センチメートル以上のものに限ります。)若しくは布の類で包み、又は箱、缶、封筒若しくは袋に納める等適当に包装していただきます。ただし、郵便物で包装しなくても送達中にき損せず、かつ、他の郵便物に損傷を与えないものは、その包装を省略することができます」

 日本郵便広報室の担当者は「銀行封筒だからという理由だけで拒否することはありません」とした上で、「郵送中に壊れたりしないよう、丈夫な紙などに包装していただけるよう、お願いします」と話します。

1/2ページ

最終更新:8月8日(月)8時14分

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]