ここから本文です

色とりどりの花火に大歓声 なにわ淀川花火大会振り返り

THE PAGE 8/7(日) 14:18配信

色とりどりの花火に大歓声 なにわ淀川花火大会振り返り THEPAGE大阪 撮影:柳曽文隆

 ドーンという大きな音とともに、色鮮やかな花火が上がり、そのたびに大歓声が響き渡る。6日夜に行われた「第28回なにわ淀川花火大会」は、約1時間にわたって様々な種類の花火が打ち上げられた。それらの花火を映像で振り返る。

【写真特集と別の動画】「なにわ淀川花火大会」2016年の映像振り返り

 大阪市淀川区と北区の境目にある淀川から打ち上げられた数々の花火。この花火大会は、地元のボランティアスタッフや企業、商店といった地域住民らの寄付で行われている「手作りの花火大会」として知られている。

 淀川の河川敷では、淀川・北・福島の3区をはじめ、大阪市内各地からも眺めることができる。なにわの夏の風物詩は、クライマックスに昼間のような明るさを放った花火で盛況のまま幕を閉じ、河川敷から眺めていた人たちからは、自然と拍手と歓声があがっていた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.70382399572372&lon=135.47345260528382&z=15

最終更新:8/7(日) 14:28

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。