ここから本文です

復興、発展大輪に願う 市制50周年、いわき花火大会

福島民報 8月7日(日)9時37分配信

 第63回いわき花火大会は6日、福島県いわき市小名浜のアクアマリンパークで開かれた。市制施行50周年を迎え、さらなる復興と発展に向けて歩むいわきの夜空に大輪の花が咲いた。
 実行委員会の主催。「感動を一つに!心を一つに!いわきを一つに!~次の100年に向けて~」が今年のテーマ。音楽に合わせた創作花火や市の歴史を振り返るナレーションを交えて放つ特別花火など多彩な企画が繰り広げられた。
 会場には県内外から大勢の観客が訪れ、夏の風物詩を満喫した。

福島民報社

最終更新:8月7日(日)10時6分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。