ここから本文です

生田斗真がトランスジェンダー役の主演作、ティザービジュアルと特報が完成

映画.com 8月7日(日)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 生田斗真と桐谷健太が主演する荻上直子監督最新作「彼らが本気で編むときは、」のティザービジュアルと特報第1弾が完成した。8月6日から、ティザービジュアルを使用したポスターやチラシが全国の上映劇場で掲出され、特報もスクリーンで上映。作品の公式サイト(http://kareamu.com)にも掲載されている。

 同作は、女性として人生を前向きに生きようとするトランスジェンダーの主人公と、そのパートナー、そして母親に置き去りにされた少女の3人が送る奇妙な共同生活の物語。主人公リンコを生田、パートナーのマキオを桐谷が演じ、2人に引き取られて生活を共にする少女トモ役を、子役の柿原りんかちゃんが務める。

 ティザービジュアルには、海辺にひとり佇み、目を伏せた生田が大きく配置されている。また特報第1弾はキャストのビジュアルを使用せず、タイポグラフィで構成。作品のキーアイテムである毛糸玉が、「彼女」役の生田、「彼氏」役の桐谷、そして2人のもとに現れる「少女」役のりんかちゃんを赤い糸で結び、3人が「家族となる」のかという作品のテーマをダイレクトに表現している。

 同作には生田、桐谷、りんかちゃんのほか、マキオの姉でトモの母親ヒロミ役でミムラ、リンコの母親フミコ役で田中美佐子、トモの同級生の母親ナオミ役で小池栄子、マキオとヒロミの母親サユリ役でりりィ、リンコの職場の同僚・佑香役で門脇麦が出演。2017年2月25日から公開される。

最終更新:8月7日(日)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。