ここから本文です

佐渡でダンス指導30年、台湾出身女性に1000人が祝福

中央社フォーカス台湾 8月7日(日)15時18分配信

(東京 7日 中央社)新潟県佐渡島に住む台湾出身の若林素子さんが代表を務めるダンススタジオが30周年を迎えた。6日には記念公演が行われ、1000人以上が祝福した。

若林さんは幼い頃からダンスを学び、著名な舞踏団で活躍。20代の頃に訪日公演で日本人の夫と知りあい結婚。その後佐渡に「ジャズダンススタジオ・パル」を開き、多くの生徒を輩出している。

この日は台湾と日本の文化的要素をちりばめたダンスを披露。会場には台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)のほか、若林さんの出身地・雲林県から麦寮高校の校長も駆けつけ、声援を送った。

(楊明珠/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月7日(日)15時18分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。