ここから本文です

【クンルンファイト】那須川天心、圧巻の秒殺KO

イーファイト 8月7日(日)22時44分配信

「KUNLUN FIGHT 49×REBELS.45」(8月7日 東京・大田区総合体育館)

【フォト】ラウンドガールたちに囲まれる那須川

▼第11試合 セミファイナル 55.5kg契約 3分3R延長1R
○那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界王者、RISEバンタム級王者、BLADE FC-55kg王者)
KO 1R
●リン・ビン(中国)

 那須川は14勝(11KO)無敗の17歳。ビンは中国国内の数々の散打王者に輝いている19歳。23戦20勝(2KO)3敗の戦績を持つ。クンルン・ファイトではこれまで軽量級の試合は行っておらず、今回が初。那須川の強さが中国でも話題になっており、この試合が組まれた。

 1R、ビンはいきなり打ち合いを挑み、那須川もこれに応える。両者のスピードあるパンチが交錯し、スリリングな展開に。

 しかし、距離が出来ると那須川の三日月蹴りが強烈に突き刺さり、ビンはダウン。これで終わりかと思われたがビンは立ち上がる。

 那須川はすかさず左ヒザ蹴りを打ち込み、ビンはたまらずダウン。今度は腹をおさえたまま立ち上がることが出来ず、那須川が圧巻のKO勝ちを飾った。場内は大きくどよめいた。

最終更新:8月7日(日)22時44分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。