ここから本文です

<知英>初舞台・初主演「夢だった」 不安抱えるも「死ぬ気で頑張る」

まんたんウェブ 8月7日(日)15時19分配信

 女優の知英さんが7日、東京都内で行われた主演ミュージカル「スウィート・チャリティ」の制作発表に登場。初舞台・初主演で、愛を求めては傷つき、それでも負けずに立ち上がるヒロインのチャリティを演じる知英さんは、出演が決まった時のことを「信じられなかった」と振り返ると「(ミュージカルは)好きな歌、踊り、芝居、全部できるので夢だった。こんなに早く実現できるとは思わなかった」と喜びを語った。

【写真特集】ミニスカ&網タイツ姿がセクシーすぎる!

 一方で、知英さんは日本語のイントネーションをはじめ「不安はたくさんある」といい、「ミュージカルは好きで見るんですけど、あんなこと私にできないと思っていた。不安で倒れるんじゃないか心配です」と素直な真情を吐露。それでも「私が頑張ればすてきな作品になるし、私が頑張れば何とかなると思う」と責任感を見せ、「死ぬ気で頑張ります!」と力強く語ってみせた。

 「スウィート・チャリティ」は、1966年にブロードウェーで上演され、68年には映画化もされた名作ミュージカル。ニューヨークのダンスホールで働くチャリティは、お人よしで、男運がなく、ずるい男にだまされたり、せっかくのチャンスを逃したり、いつも失敗ばかり。それでも『いつかは幸せになれる!』と前向きに生きている。ある時、まじめで紳士的な会計士オスカーと出会ったチャリティは、ダンスホールで働いていると言えず、小さなうそをついてしまう……というストーリー。9月23日~10月2日に天王洲銀河劇場(東京都品川区)で上演される。

 会場には、ビジュアルを担当したレスリー・キーさん撮影による知英さんの未公開写真10枚が特大パネルとなって登場。知英さんは「自分じゃないみたい。芸術だな」と照れていた。

最終更新:8月7日(日)16時1分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。