ここから本文です

児童がモデル気分 棚倉ガールズコレクション

福島民報 8月7日(日)9時41分配信

 福島県の東白川青年会議所の「TANAGURAガールズコレクション2016」は6日、棚倉町文化センターで開かれた。児童がモデルになりきり、特設のランウェイを堂々と歩いた。
 町内64の事業所、団体が児童の職場体験を受け入れる「チャレキッズin棚倉」の参加行事。新潟県で地域活性化モデルとして活躍する山田彩乃さんを講師に迎え、町内の5、6年生の女子児童21人が参加した。
 児童は地元の美容師からメークとヘアアレンジをしてもらい、山田さんから決めポーズやウオーキングの指導を受けた。最後は本番さながらのファッションショーを繰り広げた。

福島民報社

最終更新:8月7日(日)10時0分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。