ここから本文です

【柔道女子】48キロ級・近藤 準決勝でパレトに敗れる

東スポWeb 8月7日(日)4時37分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ6日(日本時間7日)発】初日は金メダルならず…。柔道女子48キロ級準決勝で近藤亜美(21=三井住友海上)がパウラ・パレト(アルゼンチン)に優勢負け。柔道競技初日の日本勢の金メダルはなくなった。

 パレトは昨年の世界選手権で優勝した強敵。30歳のベテランだが、試合運びは秀逸。いれ込む近藤の立ち上がりをついて、いきなり袖釣り込み腰で技ありを奪った。

 開始早々にビハインドを許した近藤は、得意の寝技で逆襲。押さえ込みを狙ったが、徹底的に場外際で技をかけてくるパレトを仕留められない。焦った近藤はパレトの巧みな組み手に翻弄されてそのままタイムアップ。経験の差がここ一番で表れてしまった。

最終更新:8月7日(日)4時37分

東スポWeb