ここから本文です

【柔道女子】48キロ級・近藤亜美が銅メダル「申し訳ありませんでした」

東スポWeb 8月7日(日)5時6分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ6日(日本時間7日)発】日本のメダル1号だ! 柔道女子48キロ級の3位決定戦で近藤亜美(21=三井住友海上)がムンフバト(モンゴル)に優勢勝ちして銅メダルを獲得。今大会で日本選手団の初メダルとなった。

 序盤から積極的に攻めた近藤は2分30秒過ぎに寝技で押さえ込みに入ったが、主審が認めず「待て」が入る不可解なジャッジ。それでも、前に出て終了間際に隅落としで有効を奪った。

 試合終了と同時に近藤は号泣。その後も涙は止まらず「ホントに実力のなさがはっきり出た形です。次のオリンピックに生かしたいです。申し訳ありませんでした」と話した。

 谷本歩実氏(35=現全日本女子コーチ)、吉田秀彦氏(46=パーク24監督)ら五輪金メダリストを輩出した愛知の名門・大石道場出身だ。その谷本氏に憧れ、金メダリストを目指してきた。一方で好不調の波が激しく今大会も懸念されたが、準決勝で敗れ、ほとんど時間のない中で気持ちを入れ替えてつかんだ銅メダル。21歳の近藤には、2020年東京五輪も十分視野に入る。今回の経験は未来の金メダルへ大きな糧となったはずだ。

【プロフィル】こんどう・あみ 1995年5月9日生まれ。愛知県出身。5歳で柔道を始めた。愛知・大成高3年時に高校総体を初制覇し、グランドスラム東京大会も初優勝。2014年世界選手権で初出場初優勝。昨年の同大会は3位。得意は払い腰。156センチ。過去の本紙の取材には、結婚したい理想のタイプとして大相撲の横綱白鵬(31=宮城野)を挙げている。

最終更新:8月7日(日)5時45分

東スポWeb