ここから本文です

智弁学園 スマイル大作戦で春夏連覇へ エース・村上に「笑みを絶やさせない」

デイリースポーツ 8月7日(日)6時2分配信

 開会式リハーサルが甲子園球場で行われ、第1日第2試合に登場する智弁学園は、史上8校目となる春夏連覇へエース・村上頌樹投手(3年)の「スマイル大作戦」で初戦に臨む。奈良大会後、チーム内で「スマイル王子」と呼ばれており、主将で女房役の岡沢智基捕手(3年)は「笑みを絶やさせないように」と力を込めた。

 史上8校目の快挙へ、チームの合言葉が決まった。マウンドでニコニコしながら打者をなぎ倒し、センバツ初優勝の原動力となったエース・村上。女房役の岡沢は「あいつの顔から笑みを絶やさないようにしたい」と真剣な表情で語る。

 7月下旬にインターネット上で「スマイル王子」と呼ばれ、チーム内でも浸透したという。「村上から笑顔がなくなったらしんどい時。僕や周りの人間がマウンドに行って間を取ったりしてあげたい」と岡沢。奈良大会では全試合逆転で勝ち抜き、春夏連覇の権利を手にした。

 苦しい中でも村上はマウンドで笑顔を絶やさなかった。自分の状態が悪くても決して表情には出さなかった。この日、リハーサル後の練習ではブルペンでキレのいいボールを投じ「スムーズに投げられた。状態は上がっていると思います」と手応えを口にする。

 「ここまで来たら全部出し切って、悔いなく終わりたい」と背番号1。笑って頂点に立つ最高のシナリオが、春の王者にはある。

最終更新:8月7日(日)7時44分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。