ここから本文です

Apple、人工知能企業Turiを2億ドルで買収のうわさ

ITmedia ニュース 8月7日(日)8時55分配信

 米Appleが人工知能(AI)製品を手掛ける米新興企業Turiを買収したと、米GeekWireが8月5日(現地時間)、複数の情報筋の話として報じた。買収総額は約2億ドルという。

Turiのトップページ

 ApppleはGeekWireに対し、買収を認めるお決まりのコメント(Appleは時折小規模な技術企業を買収し、その目的や計画については説明しないことにしている)を寄せた。

 Turi(旧Dato)は2013年創業のワシントン州シアトルに拠点を置く、企業向け機械学習応用製品を手掛ける非公開企業。センチメント分析やレコメンドサービスなどを提供している。例えば米音楽ストリーミングサービスPandoraのユーザーの好みに合わせたレコメンデーション機能はTuriの技術を採用している。

 創業者のカルロス・ゲストリンCEOは2009年にカーネギーメロン大学でTuriの基礎となるオープンソースプロジェクトを立ち上げ、2012年にシアトルにあるワシントン大学に移り、米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOの支援を受けた。同氏のLinkedInによると、現在も「Amazon Professor of Machine Learning」という肩書を持っている。

 Appleはユーザーデータを商品扱いしないと宣言していることもあり、ビッグデータとしてのユーザーデータに基づく機械学習機能の開発で米Googleや米Facebookに後れを取っている。それでも近年、VocalIQ、Perceptio、Emotientなど、人工知能関連企業の買収を加速している。

 Appleのティム・クックCEOは直近の業績発表後の電話会見で、「われわれは顧客体験向上のためにAIの取り組みにフォーカスしてきた。例えば、機械学習によってSiriは言葉だけでなく、その背後の意図を理解できる」とし、「われわれの製品のディープラーニング技術はユーザーの(iPhoneなどの)利用パターンを解析することでバッテリー寿命を延長することもできる」と語った。

最終更新:8月7日(日)8時55分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]