ここから本文です

<世界コスプレサミット2016>コスプレ世界一にインドネシア代表 デンマーク、フランス続く

まんたんウェブ 8月7日(日)20時11分配信

 コスプレの世界一を決める「世界コスプレチャンピオンシップ」のセカンドステージが7日、愛知県芸術文化センターコンサートホール(名古屋市東区)で行われ、「トリニティ・ブラッド」のコスプレでパフォーマンスしたインドネシア代表が初優勝し、コスプレ世界一に輝いた。

【写真特集】さすが世界一!インドネシア代表圧巻のパフォーマンス

 優勝が発表されるとインドネシア代表の2人は歓喜の表情で、受賞直後の気持ちを聞かれると「幸せです」と答えたものの、感極まって言葉を詰まらせた。インドネシア代表は体が半分に切られたような演出や、空を飛ぶような演出など工夫を凝らした演出で、観客の度肝を抜いていた。

 2位は「エルハンブルグの天使」のコスプレでパフォーマンスしたデンマーク代表で、3位は「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」のコスプレでパフォーマンスしたフランス代表だった。

 この日は、声優の古谷徹さんが審査委員長を務め、マンガ家のあんど慶周さん、昨年世界一に輝いたメキシコ代表チームらが特別審査員を務めた。コスプレの「パフォーマンス」「コスチューム」「原作リスペクト」の3項目を計30点満点で採点した。

 「世界コスプレチャンピオンシップ」は、愛知県で開催中の「世界コスプレサミット2016」のメインイベント。「世界コスプレサミット」は03年から開催され、今年14回目を迎えたコスプレの祭典で、05年から、世界王者を目指しパフォーマンスなどを競う「世界コスプレチャンピオンシップ」が行われている。日本のアニメ、マンガ、ゲーム、特撮のキャラクターに扮(ふん)した世界各国の代表コスプレーヤーが2人1組のチームで出場し、コスプレの完成度やパフォーマンスなどを競う。

 今年は初めて2日間にわたって開催され、初出場のインド、カナダ、スイス、スウェーデンを含め、過去最多となる30の国と地域の代表コスプレーヤーが出場。6日に同コンサートホールで行われたファーストステージで発表された16チームに、韓国とドイツを加えた18チームが、この日行われたセカンドステージに進出した。

主催者は韓国とドイツのセカンドステージ出場について「審査集計のプログラムミスがあり、2チームが漏れている事態が発覚した。それに伴い、2チームを追加して18チームで行うことになった」と説明した。

 これまでにブラジル(06、08、11年)、フランス(07年)、日本(09、12年)、イタリア(05、10、13年)、ロシア(14年)、メキシコ(15年)が優勝し、世界一に輝いている。  

最終更新:8月8日(月)2時9分

まんたんウェブ