ここから本文です

rairuが伊礼亮名義でビクターから新作発表、プロデュースは北川勝利

音楽ナタリー 8月7日(日)12時16分配信

ボーカリストのrairuが、10月26日にビクターレコーズから伊礼亮名義による1stアルバム「アイトヒト」をリリースする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アルバムのプロデュースは伊礼たっての希望で、北川勝利(ROUND TABLE)が担当。全曲新録のオリジナル曲で構成された1作となり、初回限定盤には収録曲のミュージックビデオやアルバムの制作ドキュメンタリーなどを収めたDVDが付属する。

伊礼はアルバムの内容について「目には見えない、そして価値を付けることも出来ない『愛』というものを、それぞれの人が、それぞれに感じて生きていく模様が、なんとも美しいとずっと感じておりました。そんな様をこのアルバムを通して歌っております」とコメントしている。

また彼は8月28日に東京・ヴィーナスフォート 教会広場にて、「アイトヒト」およびrairu名義で8月3日に配信したミニアルバム「Traverse」のリリース記念イベントを開催。新曲を初披露するフリーライブや握手会を行う。

伊礼亮コメント
目には見えない、そして価値を付けることも出来ない「愛」というものを、それぞれの人が、それぞれに感じて生きていく模様が、なんとも美しいとずっと感じておりました。そんな様をこのアルバムを通して歌っております。初めて伊礼 亮という本名でリリースするこのアルバム、是非、お手に取って聴いて頂ければと思います!

伊礼亮 フリーライブ&握手会
2016年8月28日(日)東京都 ヴィーナスフォート 教会広場[第1部] START 13:00[第2部] START 16:00

最終更新:8月7日(日)12時16分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。