ここから本文です

【サッカー】手倉森監督会見 コロンビア戦メンバー変更を示唆

東スポWeb 8月7日(日)7時31分配信

【ブラジル・マナウス6日(日本時間7日)発】サッカー男子日本代表の手倉森誠監督(48)が、コロンビアとの1次リーグ2戦目へ向けて試合会場で公式会見を行った。

 まさかの5失点で敗れた初戦のナイジェリア戦(4日=同5日)から巻き返しを狙う1次リーグ第2戦。指揮官は「5点取られて世界は甘くないと気付かされたが、元々(リオ五輪)出場も危ぶまれた集団は、逆境のときこそ力を発揮しないといけない。(ナイジェリア戦に)負けてよかったと言えるように勝ち抜いていきたい」と意気込んだ。

 ナイジェリア戦の大量失点からDF面の修正を迫られているなか「守り方は若干の修正がいるが、ポジショニングなど大きく変えないといけない問題ではない。選手個々人のメンタルから来るものを整えてやれば修正できる」と力を込めた。

 五輪の大舞台で浮き足立ち、序盤の失点で慌ててしまったDF陣の精神面の立て直しを重視する考えだ。

 さらに手倉森監督は「対コロンビアに効くオーダーで入っていく」と初戦からのメンバー変更を示唆。限られた時間のなか、ベストな準備を進めてコロンビア戦に臨む。

最終更新:8月7日(日)7時58分

東スポWeb