ここから本文です

Googleの自動運転車プロジェクトの最高技術責任者が退社

ITmedia ニュース 8月7日(日)8時56分配信

 米Googleの自動運転車プロジェクト(現在は持株会社Alphabet傘下)の責任者を務めるクリス・アームソン博士は8月5日(現地時間)、同職を離れると自身のMediumで発表した。

現在公道を走行する同社の自動運転車は58台

 退社の理由や今後の予定などについては触れておらず、「プロジェクトは能力のある人々に任せることができた」とし、「もし別の夢中になれるプロジェクトを見つけられたら、2回めの幸運になるだろう」とだけ語っている。

 アームソン氏は、Googleが2010年に自動運転車プロジェクトを発表するより前、2009年に立ち上げメンバーとしてGoogle入りした同プロジェクトの中心人物の1人。プロジェクトの初代責任者であるセバスチャン・スラン氏が2014年に退社した際、後を継いだ。前任者のスラン氏は現在、教育サービスのUdacityの他、飛行自動車企業Kitty Hawkの社長も務めている。

 同プロジェクトの7月の月例レポート(リンク先はPDF)によると、現在このプロジェクトで公道を走行している自動運転車は58台で、自動運転での走行の累計距離は約184万マイルとなっている。

最終更新:8月7日(日)8時56分

ITmedia ニュース