ここから本文です

【バドミントン】奥原希望 選手村の自室は快適「当たり部屋」

東スポWeb 8月7日(日)10時0分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ6日(日本時間7日)発】バドミントンの日本代表が初めて試合用のコートで練習を行った。

 これまでは壁で仕切られたサブコートで調整。佐々木翔(34=トナミ運輸)は「(壁の)上は空いているので風はほとんど同じ。照明はこちらの方がやりやすいですね」。

 日本は中国など他の強豪国に比べ、早めに現地入り。大会序盤は会場に慣れるという点で有利に戦えると見ている。

 さまざまな不備が伝えられる選手村だが、意外にも快適。奥原希望(21=日本ユニシス)は「私たち(山口茜と同室)の部屋は当たり部屋。珍エピソードを期待していたのに少し残念です」と冗談交じりに明かした。

最終更新:8月7日(日)10時0分

東スポWeb