ここから本文です

大河ドラマ「真田丸」に“紙おむつ”が映り込み視聴者騒然 → 再放送ではカットに

ねとらぼ 8月7日(日)15時0分配信

 8月6日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」(再放送)で、物議をかもしていた“紙おむつ”シーンがカットされていたことが分かりました。

【第30回「黄昏」(「あらすじ」より)】

 問題となっていたのは、7月31日放送の第30回「黄昏」の1シーン。真田伸幸の妻・こうが息子の仙千代を抱いてあやす場面で、仙千代がはいていた“紙おむつ”がハッキリと映ってしまい、ネットでは「オーパーツやんw」「誰も気付かなかったのか」などと話題になっていました。

 中には、脚本が三谷幸喜さんであることを踏まえて「あえての演出では?」と推測する声もありましたが、8月6日放送の再放送では、問題のおむつシーンは結局カットに。特に演出だったというわけではなく、普通にスタッフのミスだったようですね。Twitterでも「おむつカットされてる」「おむつ見えなかった!!!!修正されてた!!」など報告が相次ぎました。

 真田丸と言えば以前、床に貼られた“バミリテープ”(出演者などの立ち位置の目印に使われるテープ)が次回予告に映ってしまい話題になったこともありました。

最終更新:8月7日(日)15時0分

ねとらぼ