ここから本文です

十分動くんだよ! カクカクポリゴンの「バーチャファイター」をリアルで作る猛者現る

ねとらぼ 8月7日(日)16時37分配信

 1993年に登場した3D対戦格闘ゲーム「バーチャファイター」を、もっと「リアル」にしてみたという動画がニコニコ動画に投稿されています。あの懐かしのカクカクポリゴンを再現したフィギュア……と思ったらなんか動いてるんですけど!

 「バーチャファイター」のアクションフィギュアfigmaを発見&予約したという投稿者は、3Dプリンタで自作できるのではと製作開始。例のポリゴンモデルをモデリングし、3Dプリンタで出力したら約50センチの「プラレスラーアキラ」が誕生。いつの間にロボットを組み込んだし……。

 見事に再現されたそのカクカクな見た目とは裏腹に、影丸のような軽快な動きを見せるアキラ。ちゃんと構えて、ジャブストレートでの攻撃も可能になっています。なんでも、ロボット格闘大会「ROBO-ONE」向けに独自開発した“automo 08”に外装を取り付け、このような本格的なロボットが完成したもようです。

 この動くアキラは2017年8月開催予定の「リアルプラレス大会」に向けた1次試作。出場はアキラではなく、今後は「プラレス3四郎」の“ジャスター”を製作予定だということです。武道着同士、戦わせたらかっこよさそう……!

最終更新:8月7日(日)16時37分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]