ここから本文です

浜中俊がJRA通算800勝達成 現役では21人目

東スポWeb 8月7日(日)13時17分配信

 浜中俊騎手(27)が7日、小倉競馬3Rモンストルコントで勝利しJRA通算800勝を達成した。現役では21人目となる。

「800勝という区切りについては、あまり意識していなかった」という浜中だが、「両親や親戚の前で区切りの勝利を挙げられてうれしいです」と故郷・小倉での記録達成を喜んだ。

 さらに「2月の落馬負傷で3か月騎乗できなかった分を取り返そうと頑張っています。10年でこれだけ勝たせてもらえたのは、多くの関係者の支えがあってのことなので感謝しています。これからも勝ち星を重ねることが一番の恩返しだと思っています。ファンの方々の温かい声援に応えられるように頑張ります」とファンや関係者に感謝した。

 最後に「ケガをしないこと、GIレースを勝つこと、1つでも多く勝利することを目標にして、1年を終えたときにいい1年だったと思えるようにしたいです」と今後の抱負を語った。


☆はまなか すぐる=1988年12月25日生まれ。2007年3月3日、中京競馬4Rでデビュー。初勝利は同年4月7日、福島7R。09年10月25日、菊花賞でGI初制覇。JRA通算成績は7208戦800勝。

最終更新:8月7日(日)14時40分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。