ここから本文です

日本ハム 寝違いによる首痛でメンドーサを登録抹消

東スポWeb 8月7日(日)16時6分配信

 日本ハムは7日、ルイス・メンドーサ投手(32)の出場選手登録を抹消した。理由は寝違いによる首痛のためだという。2日のロッテ戦(QVC)後に首痛を訴えていた。

 この日、9日の西武戦(札幌ドーム)登板に向け行う予定だったブルペンを回避。大事を取って一度、先発ローテーションを飛ばすことになった。

 福島トレーナーは「首(の違和感)はずっと訴えていた。やれることを確認しながらやってきたが、今日のキャッチボールもあまり感じはよくなかった。このまま投げても他の場所に影響が出る可能性があるので」と抹消理由を説明。このままチームに同行しながら回復を待つという。

 日本ハムはこれで再調整のため4日に登録を抹消した吉川に続きローテーション投手2人が離脱。マメの影響で2度の登板を回避している大谷がこの日、久々に29球のブルペン調整を行ったが、その早期復帰が待たれている。

最終更新:8月7日(日)16時9分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)