ここから本文です

照姫、八重役決まる 来月25日、会津藩公行列

福島民報 8月7日(日)15時27分配信

 9月25日に福島県会津若松市で開かれる「会津藩公行列」の照姫役と山本八重役の審査会は6日、市内の會津稽古堂で開かれた。照姫役に東京都杉並区の松山梨沙さん(28)=会津若松市出身=、八重役に喜多方市の真壁杏奈さん(26)が選ばれた。2人とも初の行列参加となる。
 審査会には、書類審査を通った両役の候補者計6人が参加し、応募動機などをアピールした。安藤昭男会津まつり実行委員長、鞍田炎福島民報社会津若松支社長ら7人が審査員を務めた。
 松山さんは昨年、母親が行列に参加し、出たくなったといい、「会津の女性代表として感動を与えられるよう頑張る」と抱負を述べた。真壁さんは綾瀬はるかさんの大ファンで「大河ドラマで八重を演じた綾瀬さんが2年続けて行列に参加し、何時間も手を振り続けた姿を見て、行列に参加したいと思った」と語った。

福島民報社

最終更新:8月7日(日)15時39分

福島民報