ここから本文です

広島サヨナラ勝ち 同点弾の菊池「新井さんと2人でお立ち台」が夢だった

東スポWeb 8月7日(日)21時59分配信

 広島が7日の巨人戦(マツダスタジアム)を8―7のサヨナラ勝ちで制し、セ・リーグ60勝一番乗り。2位・巨人とのゲーム差を再び5・5に広げた。

 ドラマが待っていたのは6―7の9回だった。二死走者なしから菊池が左翼の防球ネットまで届く11号ソロを放って同点に。さらに丸が四球で出塁すると、4番の新井が左翼へサヨナラ二塁打を放ってシーソーゲームにピリオドを打った。

 プロ初の5安打と大暴れした菊池は起死回生の同点弾に「完全に(バットの芯を)食った感じだったので(ダイヤモンドを)歩かせてもらった。夢であった新井さんと2人でのお立ち台がかなって最高です!」と大喜び。

 連敗を4で止める殊勲の一打を放った新井も「タイムリーでも何でも勝てばいいです。今日はチーム全員の力。本当にチーム全員の1勝だと思います」と満面の笑みを浮かべた。

最終更新:8月7日(日)22時5分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報