ここから本文です

【一問一答】金メダルの萩野「大也がいなければここにいない」

デイリースポーツ 8月7日(日)15時41分配信

 「リオ五輪・競泳男子400m個人メドレー・決勝」(6日、五輪水泳競技場)

 12年ロンドン五輪銅メダルの萩野公介(21)=東洋大=が、4分6秒05の日本新記録で優勝し、今大会日本選手団初の金メダルを獲得した。同学年のライバル瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=は銅メダルを獲得した。萩野の一問一答は次の通り。

 -今の心境は。

 「素直にうれしいです。ただ、まだレースは残っているので」

 -タッチした時は何を思った。

 「本当に…1人じゃないと思った。最後の50メートルはチェイス(・カリシュ=米国)選手が迫ってたので、すごく怖かった。ただ、自分がやるべきことは最後まで勝ちきることだと思った」

 -最後は力は残っていたか。

 「残ってました。へたくそな平泳ぎで最後の自由形につなげられた」

 -終盤に競り合ったときの心のよりどころは。

 「苦しかったけど、楽しんで。最後は平井(伯昌)先生に背中を押してもらって、行くしかないと。(レース直前に)『大也とかチェイスがこうやってくるから』と言われて、でも最後は…『出し切れ』と言われました」

 -金メダルは重いか。

 「もちろん。(4年前の銅メダルと)比較はできないけど。あの時はあの時の銅メダルで、今回は今回の金メダル」

 -支えてくれた人への思いは。

 「先生や家族がいないと僕はいない。タッチした瞬間に1人じゃないと思えた」

 -なぜそう思えたか。

 「なぜ…五輪だからです」

 -負けられない重圧につぶされそうになった。

 「いろいろ考えて、すごく苦しい時期あったし、不安がゼロになったことはない。でもその不安を先生に話したりした。だから自分は1人じゃないと思えた」

 -瀬戸と上った表彰台は。

 「本当に大也がいなければ僕はここにいないし、そしてこれからももっと続いていくと思う」

 -プールでは瀬戸とどんな言葉を交わしたか。

 「特に、言葉はないです」

 -右肘をけがして。

 「背泳ぎの1ストローク目で肘がパキッと鳴って、何の因果かと思ったけど。でも昨年のけががないと、こういう結果を残せてない」

 -東京五輪では。

 「また大也ともっと競りたいし、チェイスとも競ることになるだろうし、他の選手も出てくるだろうし、もっと厳しくなるだろうけど、いいレースをしたい」

 -ラスト10メートルで考えたことは。

 「(脳科学者の)林(成之)先生の言葉を思い出してました。『終わりを考えると力を出し切れなくなる』と。だから終わりを考えなかったと思う」

 -「五輪だから」とは。

 「4年間の間があいた。いろいろあって、昨年は世界選手権に出られなかった。大也が頑張ってくれたから、僕もリハビリを毎日できた。だからこそ最後タッチしたとき、大也だったり、平井先生だったり家族だったり、支えてくれる人のおかげの順位だと思う」

 -米国勢が5連覇中だった種目で、個人メドレーで日本人として勝った。

 「僕自身、フェルプス選手やロクテ選手の活躍を見て、2人のようになりたいと思ってやってきた。この種目で勝てたのはうれしいし、200メートル個人メドレーでは、2人と泳ぐ機会があるので楽しみ」

 -同じ1994年生まれが表彰台を独占。

 「やっぱりこの3人だったなと思う」

 -東京五輪に向けて、ホスト国の代表としてどういうライバルストーリーを刻むか。

 「僕は骨折しないところから始めて、まずは常に大会に出て、常にいい勝負ができるように頑張りたい」

最終更新:8月7日(日)16時14分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]