ここから本文です

まるで戦隊ヒーロー?フェンシングのマスクにネットがザワつく

デイリースポーツ 8月7日(日)17時16分配信

 リオデジャネイロ五輪のフェンシング競技で、選手がかぶっているマスクについてネット上で注目が集まっている。

 日本時間の7日、未明から朝にかけて行われた女子エペ個人。金メダルに輝いたハンガリーのエーメセ・サス選手のマスクは、全面に国旗カラーである赤、白、緑がペイントされたものだった。他国の選手のマスクも、フランスは青、白、赤の三色、ブラジルは緑と黄色などの国旗をプリントしたものだった。

 これに対して、ツイッターなどでは「ジャッカー電撃隊」「スーパー戦隊」などと話題が沸騰した。

 フェンシングのマスクは、前回のロンドン五輪のころから国旗をモチーフにしたものが登場した。米国は星条旗、英国はユニオンジャックがプリントされたものなどさまざま。これに全身白の競技服を着用し、剣を持った選手はまるで戦隊ヒーローのようにも見える。

 なお、準々決勝に進出した佐藤希望のマスクは、スタンダードな黒一色のものだった。

最終更新:8月7日(日)17時25分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]