ここから本文です

棚橋が丸藤とのエース対決制し2連覇へ望み=新日本G1

スポーツナビ 8月7日(日)0時1分配信

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1CLIMAX 26」第13戦となる6日の大阪・大阪府立体育会館大会では、Aブロック公式戦5試合が行われ、超満員札止めとなる5270人を動員した。この日の結果により、オカダ・カズチカ(5勝2敗=10点) が単独首位をキープするも2敗目を喫し、棚橋弘至、丸藤正道、後藤洋央紀、真壁刀義、バッドラック・ファレの5選手が、4勝3敗の8点で追う展開となった。

 メインイベントでは“逸材”棚橋弘至が“方舟の天才”丸藤正道に勝利し、4勝目をGET。3連敗からの4連勝で、2連覇へ夢をつなげた。
 両者はこれまで3度シングルで対戦し、棚橋が2勝1敗。今回が12年9.23神戸ワールド記念ホールでのIWGPヘビー級王座戦以来、約4年ぶりの一騎打ちとなった。
 棚橋は右ヒザ攻めで虎王を警戒。しかし、丸藤はエプロンサイドへパイルドライバーで突き刺す非情な攻撃を見せると、さらにプランチャ、フロムコーナートゥコーナー。逆水平チョップの連打で棚橋の胸板を真っ赤に染め上げる。
 棚橋も不知火をファイナルカットで切り返すひらめきを見せると、ダルマ式ジャーマン、スリングブレイドからハイフライフローを狙うが、丸藤は虎王で迎撃。しかし、棚橋もポールシフトをツイストアウンドシャウトで切り返す。気合を入れるべく吠えた棚橋は、スリングブレイド、スタンド状態へのハイフライフローからの正調ハイフライフローで勝利を奪い取った。

 腕の負傷により断腸の思いでの欠場となった6.19大阪城ホール大会の無念を晴らした棚橋は、「棚橋弘至が、やっと、やっと、大阪に帰ってきたぞ!」と大声援を送ってくれたファンに感謝。「G1クライマックス、出遅れましたけど、今日の勢いに乗って、ちょっくら2連覇してきます」と、改めて史上3人目となる2連覇を誓うと、観客のアンコールに応えてエアギターを3度演奏。なおも欲しがる観客に「4回目はプレミアだから、4回目は優勝してからやる」と誓うと、「大阪の皆さん、愛してまーす!」で、大会を締めくくった。

最終更新:8月7日(日)0時1分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]