ここから本文です

阪神・原口が同点タイムリー 「集中力高めて」逃さず

デイリースポーツ 8月7日(日)19時56分配信

 「ヤクルト-阪神」(7日、神宮球場)

 阪神が原口文仁捕手のタイムリーで同点に追いついた。

 1-2の五回、2四球で2死一、三塁の好機をつくると、執念で三遊間を破った。前の打席では空振り三振。追い込まれると、バットを短く持って対応した。

 原口は「打ったのはスライダー。まずは同点に追いつくんだということだけを考えて、集中力を高めて打ちにいきました。あの打席で最後に一番打てるボールが来て、それを逃さず打ち返せました。ランナーをかえせて良かったです」と安堵(あんど)のコメントを寄せた。

最終更新:8月7日(日)20時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)