ここから本文です

ヤクルト・バレンティン汚名返上の同点打 六回に適時失策

デイリースポーツ 8月7日(日)21時19分配信

 「ヤクルト-阪神」(7日、神宮球場)

 ヤクルトのバレンティン外野手が汚名返上の同点適時打を放った。

 3-5で2点を追う七回、阪神の藤川から坂口が適時打を放ち1点差とすると、山田が四球で1死一、二塁に。ここでバレンティンがコンパクトなスイングで右方向へ流し打ち、右前へ運んだ。坂口がバランスを崩しながらも本塁に滑り込んで同点とした。

 バレンティンは六回に、打球に追い付きながら落球する失態で、阪神に1点をプレゼントしていた。大砲のチームバッティングで、試合は振り出しに戻った。

最終更新:8月7日(日)21時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報