ここから本文です

【関屋記念展望】充実一途のピークトラムが重賞初Vを狙う

デイリースポーツ 8月7日(日)21時36分配信

 「関屋記念・G3」(14日、新潟)

 今年に入って5戦2勝、2着1回と充実しているピークトラムが中心だ。2走前に谷川岳Sを完勝し、14年NHKマイルC(15着)以来の重賞挑戦となった前走の中京記念で2着に好走。差し有利の展開ながら好位で粘り込むという優秀な内容だった。橋口慎介調教師は「前走の疲れはなく、状態は良化している」と出来の良さを強調。重賞初Vを狙う。

 全5勝をマイル戦で挙げているマジックタイム。前走のヴィクトリアマイルは6着に敗れたものの、2着ミッキークイーンとはわずか0秒2差。十分に見せ場をつくった。中川公成調教師は「中山で重賞を勝ったが、ベストは左回り。体調面の心配もない」と期待を寄せる。

 重賞2勝馬ロサギガンティア。前走の安田記念はスタートひと息で流れに乗れず、厳しい競馬を強いられた。G3なら中心になる。「体調はいいし、改めて期待」と津曲大祐助手は前向きだ。

 ヤングマンパワーは昨年の3着馬。前走の準オープンを勝ってオープンへの返り咲きを果たした。手塚貴久調教師は「夏がいい馬」と目下の充実ぶりにうなずく。

 15年NHKマイルCを制したクラリティスカイ、中京記念3着のケントオー、昨年の覇者レッドアリオンにも注目だ。

最終更新:8月7日(日)21時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ