ここから本文です

九回2死から…広島逆転サヨナラ 菊池同点弾、新井劇打!Gに5・5差

デイリースポーツ 8月7日(日)21時44分配信

 「広島8-7巨人」(7日、マツダスタジアム)

 広島が九回2死からサヨナラ勝ちを果たした。6-7で迎えた最終回、菊池涼介内野手の11号ソロで同点とすると、丸が四球で出塁し、最後は新井貴浩内野手がサヨナラ適時打を放った。広島の連敗は4でストップ。ゲーム差は5・5に広げた。

【写真】殊勲の新井はドヤ顔でド派手ガッツポーズ

 1点を追う九回。2死走者なしの場面で、巨人の抑え、沢村の初球をスイング。打った瞬間に本塁打と分かる当たりでチームを救った。菊池はこの試合5打数5安打と大暴れだった。

 丸が四球でつなげて、試合を決めたのは新井だった。1ストライクから左翼へ鋭い当たりを放った。打球が落ちるのと丸の生還を見届けると、二塁をまわったところで飛び上がって喜びを爆発させた。

 新井は「みんなの力と九回ツーアウトから菊のホームランで、よし!今日はいくぞと、そういう気持ちになりました」と2人でお立ち台に並んだ菊池をたたえつつ「タイムリーでもなんでも勝てばいいです。本当今日はチーム全員の力というか一丸になっての苦しい1勝だったので。(自分のところに)みんなが来てくれたんですけど、ありがとう、と言っていました」と満面の笑みを見せた。

最終更新:8月7日(日)22時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)