ここから本文です

G沢村「リメークドラマ」ぶち壊し 広島に九回2死からサヨナラ許す

デイリースポーツ 8月7日(日)22時7分配信

 「広島8-7巨人」(7日、マツダスタジアム)

 巨人の抑え、沢村拓一投手が「リメークドラマ」のシナリオをぶち壊した。1点リードで登板した九回。2死までこぎつけながら、菊池に同点弾を浴び、丸への四球を経て新井にはサヨナラ適時二塁打を許した。連勝は7でストップ。首位とのゲーム差は5・5差に広がった。

【写真】殊勲の新井はドヤ顔でド派手ガッツポーズ

 ただの1敗では片付けられない痛恨の黒星となった。7-6で迎えた九回、西川、田中と順調に2人を打ち取った後に悪夢が待っていた。菊池に直球を完ぺきにとらえられ同点とされた。

 ここで踏ん張っていれば味方の攻撃も待てたが、丸に四球を出すと新井に左翼へはじき返された。これで今季成績は3勝2敗27セーブとなった。

最終更新:8月7日(日)22時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。