ここから本文です

男子66キロ・海老沼、一本勝ちで準決勝進出

デイリースポーツ 8月8日(月)1時0分配信

 「リオ五輪・柔道男子66キロ級・準々決勝」(7日、カリオカアリーナ)

 海老沼匡(パーク24)がマテオ(ドミニカ共和国)を一本勝ちで準決勝へ進出した。

 技ありのポイントでペースを握った海老沼が終始、攻め続け、最後は背負い投げで一本勝ちした。

 初戦となった2回戦では、地元・ブラジルの日系選手のチバナに横四方固めで、3回戦も馬(中国)に袖釣り込み腰でいずれも一本勝ちした。

最終更新:8月8日(月)2時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。