ここから本文です

男子66キロ・海老沼、決勝進出逃す 延長戦の末、敗れる

デイリースポーツ 8月8日(月)4時35分配信

 「リオ五輪・柔道男子66キロ級・準決勝」(7日、カリオカアリーナ2)

 海老沼匡(パーク24)が、アン・バウル(韓国)に延長の末、敗れ、決勝進出を逃した。

 互いにポイントが取れないまま、ゴールデンスコア方式の延長戦へ突入。強引に担ぎにいったところを返され、無念の敗戦となった。銅メダルをかけて3位決定戦に回る。

 初戦となった2回戦では、地元・ブラジルの日系選手のチバナに横四方固めで、3回戦も馬(中国)に袖釣り込み腰で、いずれも一本勝ち。準々決勝でも、マテオ(ドミニカ共和国)を一本勝ちで破った。

最終更新:8月8日(月)13時24分

デイリースポーツ