ここから本文です

嵐・相葉に「包丁王子」の異名 巨大マグロさばきに初挑戦

オリコン 8月7日(日)5時0分配信

 人気アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が、きょう7日放送のテレビ朝日系バラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)でマグロさばきを初披露する。重さ30キロ超え、長さ1.2メートルの巨大マグロ

 これまで、番組内でヒラメ、タチウオ、キンメダイなど数々の魚をさばき、「包丁王子」の異名をとってきた相葉。その腕前がどれほど上がっているのか、東京・築地にあるマグロ専門店で検定を受けることに。服部栄養専門学校で教鞭をとる包丁のスペシャリストが、包丁王子・相葉の実力を見極める。

 今回、相葉がさばくのは、江戸前魚の代表格・スズキ、いまが旬真っ盛りの江戸前アナゴ、そして重さ30キロ超え、長さ1.2メートルの巨大マグロの3種。「お客様に出して、喜んで食べてもらえるようなものかどうか」が合否のポイントと聞いて、相葉は「厳しいね!」とプレッシャーを感じている様子だった。

 一歩間違えれば自分の指を切り落としかねないというアナゴの難易度の高さに四苦八苦。巨大マグロを目の前にして相葉は「でかいね! これ自信ないわ…」と弱気な発言をしつつも、この日のために築地で仕入れたマグロ用の包丁を手にやる気は十分。

 中骨が硬いマグロは、骨と骨の結合部分にうまく包丁を入れられるかがポイントとなり、技術だけでなく体力も必要とされる。相葉も「腕の力を持っていかれる!」「マグロは力が必要だね」と実感がこもっていた。さばいたあとは、マグロを“赤身”“中トロ”“大トロ”の3つのブロックに分ける作業までが試される。果たして先生のお墨付きをもらうことはできるのか。

 テレビ朝日の高橋伸之プロデューサーは「3年間、数多くの魚をさばいてきた、我らが座長相葉くん。回を重ねるごとに腕前は上がってきました。本当に上手なんです。そんな相葉くんがいままでで最も苦戦した30キロ級の巨大マグロ。先生に質問しながら一生懸命さばいていました。真剣な顔、喜んだ顔、困った顔、たくさんの相葉くんが見られます。巨大マグロをさばききれるのか、ぜひ見届けていただきたいと思います」と見どころを語っている。

最終更新:8月7日(日)5時0分

オリコン